2015年9月8日火曜日

再びカリフラワー化(爆) 


貸し物件の話をオットにした翌日
下関で塾長のWSがありました。

この日はめずらしく精神論的な座学でした。

そこで私はこの数日のことを相談したんです。
塾長の経験を交えた
いろいろなアドバイスをもらいました。

塾長いわく

私は 

海 港 海岸 海の家

のイメージがあるそうな


そのあたりをヒントに探してみたら、と。

下関はすぐ対岸に北九州・門司があるんです。
下関と門司は両手のひらを
上下に合わせたような形をしていて
その間にまたがる海峡は
ちょっと広い運河のようでもあります。

門司の方まで範囲を広げてみたら、と。


そうやって
みんなにアドバイスをもらっているうちに
私の脳みそは
再びカリフラワー化(妄想もくもく)していきました。


夜遅く帰宅して
待っていたオットに
「ねえねえ、門司の方にも物件探しに行こうよ」
と言ったら、再び
「はあぁぁ!?」
と(笑)

なんで、借りる前提になってんだ・・・。

昨日の話でいったん沈静化して
やれやれと思いきや
今日のWSで、さらに膨らんで帰ってきたと。


日曜日、約束していたので
オットと唐戸方面へ物件を見にでかけました。

実績のない主婦に貸してくれるだろうか。

「公民館でやっているヨガ教室が
 手狭にになってきたので・・・
 とでも言えばいいんじゃない、とりあえず」
とオット。


「海の近くの物件を探しています」
という不思議な探し方をもとに
不動産の担当さんが何軒かテナント物件を
紹介してくれました。

実際に下見もしました。

テナント物件は、一般的に広く、家賃が高い。

維持費のことも不安でした。
たいてい業務用のエアコンがついています。
あれが一体どんな勢いで
電力を消費していくのか・・・・
考えただけでもおそろしい。

テナントでない、居室も見せてもらいましたが
駐車場がネックでした。
ヨガレッスンに来られる人用に数台は必要になります。

また、普通の居室の場合
不特定多数の人の出入りがあることを
嫌がる住居人もおられるかもしれません。

なかなか
「これだ」というものは見つかりませんでした。

きわめつけは、担当さんがなんとなく合いませんでした。
声がおなかから出ていなくて
お話していると、私が息苦しくなってくるんです。
あまり、関わりたくないな・・・・。

「そういうことも含めて、じゃない?」
と、オット。

「なんとなく気が進まない」
「なんとなくしっくりこない」
そんな感覚を大事に、という意味。


とりあえず、物件に目星をつけて
この不動産屋を後にし
午後から門司方面へ下見に行きました。

門司は、港町エリア(門司港レトロ)として
きれいに整えられていて
港町らしい開けた雰囲気に
さっきまでしんどかった呼吸が楽に。

ふたりでブラブラして
物件がないか下見しました。

そして、至った結論は

門司は
下関から近いが、
子どもがいる状況での仕事場となると、
遠いのではないか、ということ。

特に
関門トンネルと関門橋(高速)しか
車で通れる道がない。

災害や大きな事故で
車が殺到したとき、
困るのではないか。

実際に私は
関門トンネル前の大渋滞を経験したことがありました。

また
「北九州で仕事をしていたため、
 子どもの怪我に駆けつけられなかった」
という話を聞いたことがありました。

また、県をまたいでの賃貸はどうなるんだろう。

いろいろなことを話し合った結果
門司での部屋探しはやめました。


「門司エリアは、
 福岡方面へ仕事を広げていく上での
 サテライト・エリアにしよう」

そう決めました。






0 件のコメント:

コメントを投稿