2015年8月31日月曜日

ライフ・パーパスを引き出す(前)



5月前半は、怒涛のWSでした。

大分から帰った次の週、
私は糸島へ行かせてもらいました。

糸島の「カーサ・ロータス」で
ライフ・パーパス・デザインWS 2daysを受けるためでした。

ホストである たんたんさんの
ブログ「ミカエルブレイズ」のなかで、何回かに分けて書き綴られたこと。

  「顕在意識」そのものであるコンシャスセルフ
  「潜在意識のイメージ体」であるインナーセルフ
  「俯瞰意識のイメージ体」であるハイアーセルフ

     それらの意識と対話し、
     それぞれの視点での願望を書き出して
     さらに折り合いをつけ
     現実的・建設的なゴールを導きだしていく作業

ブログを読んだ時から
ずっとやりたいと思っていました。

それがWSとして予定されたので、即!申し込みしました。

意識を内側に向け、
それぞれの意識に
「きたい服」「パートナー」
「快適に感じる空間」「ライフスタイル」など
願望を聞いていきます。

それを、その都度 参加者でシェアしていきます。

顕在意識では、
まあ、ありきたりな、今どきの、
「ナチュラル」「癒し系」みたいな服、空間を好むのに

潜在意識では
もっとアグレッシブ、もっと情熱的な願望があらわに。

この時、イメージの中に出てきたインナーセルフは
女装のベリーダンサーでした(つまり男)

そうそう、今にして思えば
GENKINGさんみたいな感じの人。
その頃は、彼のこと知りませんでしたけど、
あんな感じの人だったわ。



そして、言うことには
「はぁ!? 癒し系とかいらんし!!」みたいな(笑)


そこでわかったのは
潜在意識の中の「創造エネルギー」というのは
もう自分を表現したくてしたくてたまらない、ということ。

もっと動きたい!
もっと表現したい!
それの何がいけないの!? 
失敗なんで、そもそも存在しないのよ!  みたいな。

おそれ知らず、疲れ知らず。
蒸気機関車の炉のようでした、ホント。

そのエネルギーをいかにして、現実に落とし込んでいくか。

そこで、俯瞰意識との対話。
折り合いを見つけ出します。

2日にわたって
このような意識の中での対話を繰り返し、
絵にかき、文字で起こし、シェアする。

ほとんど、動いていません。
じっとして目をつむってるか、絵を描くか。

なのに、ものすごくおなかが減るんです!!
目をつむると「ぐうぅ~~~」と。
うぅ、集中できない・・・。

膨大なエネルギーを消費していたようです。

2日目の最後に
3者会談で話し合った今後のビジョンを、
具体的な日付までイメージで下ろして
行動計画を立てます。

しかし、もうエネルギー切れで
ほとんど浮かびませんでした。

けれども、なんとか絞り出して
「15年後の自分」までは
おおまかに仕上がりました。


この計画は、WSが終わったとも
ときどき見返して、
どんどん現実に即したものに修正を加えていきます。

スピリチュアル・ワークですが
ふわふわした甘っちょろいものではありません。
現実に即してこその、スピです。


この時は6名参加でした。
シェアの時間がとても貴重でした。

膨大な意識の下にあるものをシェアすると
自分の気づきが一気に増えますし

シェアするごとに
参加者さんの意識が変遷していくのを見るのは
とてもおもしろかった。

こうして、濃い濃い糸島での2日間が
終了しました。








0 件のコメント:

コメントを投稿