2015年8月12日水曜日

「お金」と向き合う (1)




お金について、どんなイメージを持っていますか?

書き出してみたとき、どんな言葉が並びますか?

否定的な言葉、
不安や恐怖にあおられる感覚、
いやな思い出、
うれしかった思い出、
わくわくする使い道、
うしろめたさ、
道徳観・倫理観
誰かの価値観

あなたが「お金」に対して
どんなイメージを持っているか
まず知ることが大切です。


「お金がすべてじゃないから」

「頑張っている自分へのごほうび」

「お金にならないことばかり引き受ける」

こんな自分、身に覚えはありませんか?

その裏には、
どんな気持ちが隠されていると思いますか?

お金にまつわる、こんな行動パターンも
幼少期の
癒されていない感情のしこりが
引き起こしているんですね。

結局のことろ、
お金に関することをどうにかしようとするよりも
今直面している、心のねっこにある感情のしこりを
一つ一つ丁寧に見ていくことなのです。

そうすることで
目先の問題が解決する・・・とまではいかなくても
いい方向に動き出す、ということはあるように思います。


「お金がないと生きていけない」現代では
お金はエネルギーそのものなんですね。

つまり、平たく言うと
あなたの中の感情エネルギーを
反映しているといえます。

感情エネルギーは
生命エネルギーそのものですから。

感情のエネルギーが
不安、寂しさ、恐れ、などの方向に向いていると
それをまぎらわせるために
お金が出ていきます。

うまいタイミングで、
その感情を刺激する広告が目に入ると、
過剰に反応して即買いしてしまうんですね。


また、
何かにかこつけてお金使っていませんか。
「自分のため」なら使いにくくても
「子どものため」って言えば、使いやすいですか。
 
「〇〇のために」「〇〇のことを思って」なんて、
消費する罪悪感を隠すために、
「誰かのために」って言ってませんか。

お金には必ずと言っていいほど
「罪悪感」という感情が、ついて回ります。

これもインナーチャイルドの
「私のせいだ」「私がわるい」という
思い込みから来ているんですが
その後ろめたさが、無意識に
お金に関する感情を刺激します。

そうすると、
「出さざるを得ない状況」を引き起こしてしまいます。

病気、けが、故障による買い替え、などなど。
突発的、予定外の出費の影には、
実はこんな理由があったりするんですね。


こんな話を書いたからと言って
むりくり
「お金だいすき~、お金はいいもの~、
もう私は大丈夫~」なんて
表面で思っても、だめですよ。

急な出費が増えるだけです(笑)

潜在意識のなかの
欠乏感、飢餓感、
そういったものを一つ一つひも解いていく。

自分の中にどんな満たされない思いがあるのか、
わかってあげることです。

わかってあげるだけでいいんです。
インナーチャイルドは
「私に気づいて」って思っていますから。

あなただって、
ここにいて一生懸命呼んでいるのに、
厄介者あつかいされて無視されて素通りされたら
いやでしょう?

インナーチャイルドは
人生を進む中で「置き去りにしてきた子」です。

自分の内側を見ていくということは
その置き去りにしてきた子を迎えに行くようなものです。

そうして、置き去りにしてきた子が
一人、また一人、今の自分のもとに戻ってくることで
本当の意味で、自分が満たされます。

そうして、初めて
あなたの中で
自然にエネルギーが回り始めます。

それがお金や人のめぐりとなって
豊かさを運んでくるんですね。

わたしも、この辺りは まだまだ
修行中です。






0 件のコメント:

コメントを投稿