2015年7月18日土曜日

ヨガ教室さすらい譚 その三 ~下関編



だいたい、
引っ越しがあるとき、前触れがあるんですね。

しかし、その時はわからなくて
後になってそうだったのかぁ・・・・と。

久留米にいたとき、
新年が明けて、私はいきなり
家の掃除をはじめたんです。

毎日、毎日場所を決めて、
少しずつ、徹底的に。

大掃除並みにやりました。
洗濯機の下まで掃除して。

根詰めすぎて、体調崩すほど。

そんな日が1か月ちょっと続いて
さあ、そろそろ ひと段落。
というタイミングでの「辞令」でした(爆)

あの1か月以上取り組んだ大掃除は
7年間お世話になった家への恩返しだったのかぁ。

ですから、引っ越しの掃除は楽でした。

しかし、掃除発作恐怖症になりました(笑)
掃除に駆られだすと、
また何か起こるんじゃないか、という・・・。


次の引っ越しの時は・・・。

家族の恒例で、2月
大山(鳥取県)へ雪遊びに行ったんですね。


都道府県ジグソーパズルにはまっていた
当時4歳の末っ子が、
その帰り道に

「ねえ、こんどはやまぐち いこー」
と、しつこく何度も言ってくる。

みんな話半分で聞いていて
「わかったわかった。暖かくなったら行こうね~」
「でもなんで山口なんだろね~ (^◇^)」
なんて言ってたら
1か月後、本当に部屋探しで
山口に行くハメに・・・。

1、2月の、何気ない言動は要注意です(笑)


さて、本題に戻って。

下関でヨガのできるところを探すのは
大変でした。
ヨガスタジオのようなところはありませんし。
個人の情報を探すのも、なかなか
ヒットせず。

とりあえず、スポーツクラブへ入会しました。
が、案の定
自分の思っているようなヨガが受けられず。

そこも、もともとの入会の目的を果たしたので
違約金を払って3か月でやめました。

そんな時
幼稚園のママさんが
インストラクター勉強中と聞き、その方の縁で
「寺ヨガ」なるイベントを知りました。








0 件のコメント:

コメントを投稿